「サッカーにおける下肢スポーツ傷害」という内容で勉強会を実施しました。

8月2日(木)にパートナー契約を結んでいるFC.ISE-SHIMAのコーチ、事務スタッフの方々7名を対象に「サッカーにおける下肢スポーツ傷害」という内容で勉強会を実施しました。

講師はみどりクリニックの理学療法士の大熊が務めました。

FC.ISE-SHIMAの方々はとても積極的な姿勢で講義に耳を傾けてくださり、終始いい雰囲気で進行していけました。

実技では「アライメント」についてトレーナーの鶴田が、「ストレッチ」について理学療法士の小澤が、「肉離れの予防」についてトレーナーの友田がお話しさせていただきました。

我々も現場での声を聞くことが出来、お互いに実りのある勉強会だったと思います。

今後もこのような勉強会や、みどりクリニックのスタッフが現場で勉強させていただく機会が増えていけばと思います。

FC.ISE-SHIMAとは

「2022年までに、三重県・中南勢地域からJリーグ入り」を目指す社会人サッカークラブとして「スポーツを通じて三重県・中南勢地域に夢と感動を創出し人づくり・まちづくり・自然に貢献する」を行動目的として設立されました。 ※

※FC.ISE-SHIMA 公式HPより抜粋

関連記事

  1. RADIAL SHOCK WAVEセミナー参加報告

  2. 三重県立名張高校にて「下肢の障害予防」をテーマに講師をさせて…

  3. トライアスロン ナショナルチーム男子強化合宿 サポート報告

  4. 医学雑誌・理学療法に記事が掲載されました。

  5. 三井住友海上トライアスロン部宮古島合宿サポート報告

  6. 第4回野球障害セミナーのお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP