お知らせ

当院では、毎月の初回の理学療法では、身体機能の検査・評価を行い、「リハビリ計画書」を作成することが義務付けられています。これにより患者様と相談しながら今後の方針を決定する時間となります。毎月、2回目以降の理学療法から本格的に進めていくことになりますのでご了承ください。

当院の理学療法の流れ

専門的なリハビリ”理学療法”を提供します。
医師が薬を処方するように、理学療法士は症状や身体機能を改善するため、運動を処方します
薬に副作用があるように、運動を含む理学療法にも副次的な作用が出ることがあります。
例)筋肉痛になった。別の部位が痛くなった。患部に熱感がでた。など・・・
副次的な作用があれば必ず理学療法士に相談してください。
そのときの状態に合わせて治療内容や計画を変更することもあります。
通院の頻度は、週2〜3回を目安に、医師・理学療法士と相談してください。

PAGE TOP